幅広いバリエーションを備えたスタンダードな消防自動車
CD-I型消防ポンプ自動車は、キャブオーバーダブルキャブの2t・3tシャシを使用した全国で最もたくさん配備されている消防車です。シャシには2輪駆動4輪駆動があり、しかもホイルベースは長短を選ぶことが出来ます。キャブ内のスペースには余裕があり運転もしやすくなっています。
小さい車両ながらも積載スペースに余裕があり、たくさんの消防資機材を積載することが可能です。弊社のCD-I型消防自動車は、標準車でも最新の機能を備えておりますが、さらにオプションも多々用意されており、幅広い艤装が可能です。
ファイヤークイックシリーズ
ココが違う!


【特長】
揚水時間5秒台を実現!
放水時のポンプ内エアー抜き時間1秒台を実現!
落水状態から再揚水が可能!
操作しやすいパネル配置
■スイッチパネル

オーバーヘッド型集中スイッチパネルが標準装備されています。

【高い操作性】
消防用電装品が運転席前部オーバーヘッド部に集中配置されているため、非常に操作しやすく、余裕をもって操作ができる安全性を考慮したシステムとなっています。

【使い易いスイッチパネルの配置】
5つのスペースに分割されたスイッチパネルは、スイッチ及びアンプ取付スペースの他、予備スペースを用意してあります。オプションにてカセット・無線機類も一体型に組み込めるため、機能性が向上したデザインです。

【容易な保守点検】
消防用電装品のヒューズは左側1ヶ所にまとめられ点検が容易です。
■APU揚水装置
真空ポンプの操作位置には、揚水機能とモニターが一体化したAPU揚水装置が標準装備されています。

【操作パネル】
揚水を行うための真空ポンプ操作スイッチと、ポンプ配管図に組み込まれた大変見易いモニターランプにより構成されているため、ポンプの状態を容易に監視しながら操作ができます。

【警報機能】
真空ポンプ作動後30秒で揚水完了しない場合は、モニターランプの点滅と同時にブザーで警報します。

■性能向上消防ポンプ車【操法対応型車両】
【ダブル無給油真空ポンプ】
真空ポンプを2基搭載し、総排気量1920ccの大容量。2基の真空ポンプで可能にした、吸水リレー方式による効率良いエアー抜き。揚水時間を短縮。

【負圧作動弁】
中継配管内に流れ込むエアーをカット(自然吸水時は閉、中継受水時は開)。揚水する際のエアー溜まりを最小限にする配管形状。放水時のポンプ内エアー抜き時間短縮。

【落水感知装置】
万一落水しても、ポンプ内の残水をドレンせずに再揚水が可能。
■揚水・放水性能の比較
  性能向上型 従来型
揚水時間 約5.0[s] 約8.0[s]
エアー抜き時間 約1.0[s] 約4.0[s]